かっぴかぴの気ままなブログ
*
ホーム > エリア > 売り買いされているという意味

売り買いされているという意味

「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を生む商品です。

 

価格は、四六時中変化しています。

 

それが為替相場です。

 

ニュースサイトを見ていると、ドル円やユーロ円の為替相場の情報が流れることがあります。

 

よく見るのが「ドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表現しています。

 

すなわち、トレードには買いと売りの値が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表現している業者もあったりします。

 

平常時には買値よりも売値のほうが安価に定められています。

 

実際に買値は高く、売値は低くなるのが普通です。

 

その差額をスプレッドといい、FX取引会社の利益のひとつといわれています。

 

スプレッド幅は業者によって異なります。

 

スプレッドの幅は投資家にとって費用になるので低いFX会社を選択するほうが儲けられます。

 

ただし、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの幅は変動します。

 

いつもはドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さだとしても為替相場の動きがとても大きいときには大きくなる事があります。

 

なので、スプレッドが狭いのと同様に、変化が少ない事が必要です。

 

今では決まったスプレッドの狭さを見せるFX会社も数多く存在します。

 

実際にFX会社のトレード画面内で本当の為替レートを見なければわからないので面倒ですが、不可欠な事です。

 

大事な資金を賭けて売り買いをするのだから現実のエントリーの前に関心があるFX会社の新規取引口座開設を積極的にして、スプレッドの広さを見ておきましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その瞬間の為替のボラティリティによって通貨のスプレッドの差は異なります。

 

通常、インターバンク相場で売買高が多い外貨ではスプレッド幅が狭く、この他の通貨ではスプレッド幅が広くなる事が多いです。

 


関連記事

売り買いされているという意味
「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利幅...
テスト
テスト記事です。...