かっぴかぴの気ままなブログ
*
ホーム > ピックアップ > 自分が所有

自分が所有

通常の外国為替証拠金取引の雑誌では、「差損が生じた場合はナンピン買いをすることで全体の平均の価格を小さくする」とアドバイスしていたりしますが正直ナンピンにはかなりの危険が待ち受けています。

 

まずはじめに、ナンピンの理屈に関してとても簡単に説明しておこう。

 

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$買いのため、ドル高に推移するほど黒字が大きくなりますが反対に1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまった。

 

そのままの状況でポジションを保持し続けたら、損失が回復するまでには、円高になった分ドル高に向わなければなりません。

 

マイナスは出来るだけ早く0にしたいと願うだろう。

 

それを解決するためはじめにエントリーしたのと同じ分のドルを、95円で買い増しする。

 

それで、平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

半分の幅で円安に向えば、損失を失くせます。

 

こういったことがナンピンの理屈です。

 

このように、ナンピンの理論をみると、「もっともだ」と思ったりするが為替相場は容易には思った通りにはなりません。

 

元々、1ドル=95円が下値だということなど、なんびともわからないのである。

 

仮定として、外国為替市場がかなりの円高ドル安基調だとすると、1ドル=95円では下げ止まらずに、更に一段の円高ドル安が進むリスクは高くなります。

 

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをして、95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピン買いを入れたポジションも、為替差損が生まれることになってしまいます。

 

その状態では、一番初めに持ったポジションと一緒に更なる差損を被ります。

 

例示したとおり、ナンピン買いは大変です。

 

それでは、為替相場があなたのシナリオとは逆の方向にさっと向う場合、いかなる対策でリスクをコントロールすればいいのでしょうか。

 

そういう時には選択する方法は2つ。

 

ひとつめは覚悟を決めてポジションを閉じる事です。

 

もうひとつの方法としてはその段階で、自分が所有している買いポジションを小さくする事によって再びマーケットが戻るのを大人しく待つ事です。

 

相当大人しい手法だと言う投資家もいると思います。

 

けれども、買いポジションにマイナスが生じた場合適切な術はそれ以外には考えられません。

 

無論、ロジックとしては、ナンピンをしてみる方法もありえます。

 

しかしナンピン買いはあなた自身が損をしている状態で、ポジションを縮小するどころか、それとは反対に買いポジションを買い増していく考え方です。

 

この方法では、リスクを制御することなど、とてもやりようがないと思ったほうがいいです。

 

ナンピン買いを続ければいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

 

しかし、それより先に投資資金が無くなってしまいます。

 


関連記事

自分が所有
通常の外国為替証拠金取引の雑誌では、「差損が生じた場合はナンピン買いをすることで...
惚れ惚れしてしまったオーダーカーテンはいいね
今までオーダーカーテンに興味はありませんでした。カーテンなんて朝が来たら開けて夜...
最後の一手
免責不許可事由とは自己破産手続きをする人を対象として、次のような項目にあたってい...
テスト
テスト記事です。...